A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< ローズ・イン・タイドランド | main | ピーター・コールセン Peter Callesen >>

スパイダーマン3予告編 ユージュアル・サスペクツ

映画『スパイダーマン3』の予告編がついに解禁されてました!
(英語です。) ↓
http://www.apple.com/trailers/sony_pictures/spider-man_3/large.html

日本公開は2007年5月予定らしいです。相変わらずヒロイン、キルスティン・ダンストは、庶民的な雰囲気を醸し出しまくりですね…。(まあ、それがイイっていっちゃあ、いいんですけど…。)
女優としては、もう少し神秘的な雰囲気も欲しいもんです。
神秘的といえば、『スーパーマン リターンズ』(2006年8月公開)のヒロイン、ケイト・ボスワースに分がありますね。彼女の目は左右で色が違うオッドアイです。(彼女の場合は右目がブラウン、左目がライトブルー。)↓

う〜ん!実に神秘的!!

☆『スーパーマン リターンズ』公式サイト↓
http://wwws.warnerbros.co.jp/supermanreturns/

『スーパーマン リターンズ』の監督はブライアン・シンガー。最近では『X−MEN』、『X-MEN2』とアメコミ、アクション大作ばかりを手掛けてますが、なんといっても、ブライアン・シンガー監督の傑作作品は『ユージュアル・サスペクツ』でしょう!
うれしいことに、廃盤になっていた『ユージュアル・サスペクツ』のDVDが2006年9月8日、1500円で再販されます。↓

ユージュアル・サスペクツ
ユージュアル・サスペクツ

学生の頃に劇場で見て以来の、あの緊迫感をまた味わえるとは絶対買いです!
(ちなみに、この作品でアカデミー賞助演男優賞を受賞し、その後いっきにブレイクしたケヴィン・スペイシーは『スーパーマン リターンズ』にも出演しとります。)


↑わたくし所蔵の『ユージュアル・サスペクツ』のパンフレット。
周囲に謎をもらさないようにと右の封筒に入って売ってました。
なかなかおもしろい売り方するなあ!と当時思ったのを覚えてます。 

カイザーソゼ〜っ!
書いた人 a | comments(4) | trackbacks(1) |




コメント

A.さん、こんにちは〜☆☆

ケイト・ボスワース、カワユイですね〜(@^_^@)
ちょっと、古き良き時代のハリウッド女優の香りがしますね〜♪

キルスティン・ダンストは、やはり、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」の耽美的ロリータのイメージが強烈すぎて、そのイメージを大切にとっておきたかった(笑)ので、大人になってからの作品はあまり観てません・・・。
A.さんがディスプレイされている「エターナル・サンシャイン」は観たのですが、やっぱり案の定キルスティンにはガッカリしてしまいました・・・。
ケイト・ウィンスレットはすごく良かったです♪
ルル | 2006/07/20 3:38 PM

☆ルルさん
『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の時のキルスティン・ダンストは確かにかわいかったですね!
トム・クルーズ&ブラッド・ピットを前にしての堂々とした演技もすごかった!
キルスティンはソフィア・コッポラ監督の『ヴァージン・スーサイズ』にも出てましたが、その時はもう…現在の雰囲気と同じになっていてがっかりしたのを覚えています…。映画は良かったですが。

A. | 2006/07/21 10:34 PM

A.さん、こんにちは・・m(__)m

『ヴァージン・スーサイズ』、観ました!(@^_^@)

自分のブログで『ヴァージン〜』について書いたのですが、その記事の中で、A.さんのサイトを文中リンクしてしまったのですが、差し障りがあるようでしたら、教えてくださいね・・m(__)m
ルル | 2006/07/25 7:05 PM

☆ルルさん
『ヴァージン・スーサイズ』御覧になられましたか!
ソフィア・コッポラ作品では、 『ロスト・イン・トランスレーション』よりも僕は好みです。ソフィア・コッポラ作品は、とにかく音楽の使い方がうまいですよね!
そういえば、ソフィア・コッポラの新作『マリー・アントワネット』にもキルスティンは出演しています。(しかもアントワネット役!)ソフィア流アントワネット、僕は密かに期待しております。

あとリンクの件、全然かまいませんよ〜!
A. | 2006/07/27 5:16 PM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/58567
トラックバック

あなたは見ただろうか「ユージュアル・サスペクツ」。 監督は「Xメン」のブライアン・シンガー、長編映画二作目にして代表作と言っていいほどの作品。 ユージュアル・サスペクツは、なんと言っても脚本がすばらしい! アカデミー賞の脚本賞を取っているから、その
Patsaks | 2008/05/22 1:22 PM




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

QRコード