A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< ステイ | main | スパイダーマン3予告編 ユージュアル・サスペクツ >>

ローズ・イン・タイドランド



子供の頃は夜が怖くて、障子に揺れる読書灯の影が、奇妙に蠢いて見え、そこにお化けか何かがいるんじゃないか?と感じていた。夜の裏側にはあきらかに僕の知らない何者かがいた。そんな不気味な何かと戦うために、小さな兵隊の人形や、プラモデルの戦車を仲間に引き連れ、僕は何者かに立ち向かおうとした。けれどいつも、その何者かは決して正体を表す事なく、薄暗い部屋を照らす淡い光の影に隠れ、気がつけば僕はいつのまにか朝を迎えているのだ。
友達とか、兄貴とか父親とか、母親とか、だれにも相談しなかったけど、でも確かに子供の頃、夜の裏側には何かがいたのだ…。
大人になって夜が怖くなくなると、暗闇の中にいたはずの何者かは、僕の前から姿をみせなくなった。きっと、幼いころ心の中に見えた何者かは、子供だけに見える幻想世界の住人だったのだろう。
そんな幻想世界の住人に大人になってから出会えるとは思いもしない事だったけれど、映画『ローズ・イン・タイドランド』の中には確かに彼等がいた。少女、ジェライザ・ローズ(ジョルジュ・フェルランド)の無邪気であるが故の残酷な幻想のなかに。
この『ローズ・イン・タイドランド』は明らかに万人受けしない映画(ローズの父親と母親が、ヤク中でトリップしまくってる映像を見て楽しめる人はごく少数だろう…。)であるけれど、空想&妄想癖のある人間にはたまらない映画ではないだろうか。
テリー・ギリアム監督の撮り上げた、甘美で毒っけを含んだ白昼夢のような映像の素晴らしさもさることながら、兎に角、ジョルジュ・フェルランドの演技に終止圧倒される。("シャークハンター”ディキンズ役、ブレンダン・フレッチャーの怪演も見逃せないが。)
撮影当時10歳の若さなのに、時折見せる大人の表情と、あどけない子供の表情を使い分ける巧みさ!とくに、無邪気さが残酷な現実を引き起こすラストでのジョルジュの表情は少女が大人へと、成長してゆくさまをまざまざと刻み付けていて、ほんととんでもない表現力!
こりゃ、ダコタ・ファニングちゃんも、うかうかしてられんな…。と驚嘆せずにはいられなかった。
僕にはこのラストシーンでの出来事は、ローズが空想世界から現実世界へと引き戻され、大人へと成長するためのイニシエーション(通過儀礼)のように思えた。(ただ、ジョルジュの表情には大人へと向かいつつも、何処か少女のままのあどけなさも幾分、垣間見せており、時に残酷で社会と相通じる事のない子供の想像力をひきずったまま、成長してゆく可能性も示唆されていたようにも捉えられる。)
前作『ブラザーズ・グリム』と違い、ギリアム監督が創りたいように撮り上げたことが映像からバシバシ伝わってくる『ローズ・イン・タイドランド』。最初から明らかに興行収入、ヒットを無視しての制作姿勢が、テリー・ギリアム監督の残酷で時に哀しみと皮肉が入り交じった子供のような想像力が、まだまだ枯渇していないことを示した傑作であった。


空想こそが現実で真実
いびつな世界を孤独な少女の空想が凌駕する。

☆幼くして映画業界に入り、成功を収めちゃった人ってのは、アル中&ヤク中になることが多い。ドリュー・バリモア(ETの子役。9歳で酒と麻薬に溺れる…。)しかり、マコーレー・カルキンしかり…。はたして、ジョルジュ・フェルランド嬢はどうなることやら…。ちょっと心配。しかし、ドリュー・バリモアは『チャーリーズ・エンジェル』などヒット作出演で見事な復活を遂げてますし、ジョルジュ・フェルランド嬢も山あり谷ありの人生を歩む可能性は高いような…!?

☆『ローズ・イン・タイドランド』の牧歌的で、どことなく郷愁を帯びたアメリカの片田舎を表現した世界観は画家アンドリュー・ワイエスの『クリスティーナの世界』を参考に造り上げていったらしい。↓
 

☆『ローズ・イン・タイドランド』日本語版公式サイト↓
http://www.rosein.jp/

☆『ローズ・イン・タイドランド』の原作本。↓
(原作者ミッチ・カリンがテリー・ギリアムの大ファンで、彼にこの小説を送ったことから映画化につながった。)
タイドランド
タイドランド
ミッチ カリン, Mitch Cullin, 金原 瑞人

☆A.の『ブラザーズ・グリム』の感想、過去記事はコチラ↓
http://akirart.blog.bai.ne.jp/?eid=26508


書いた人 a | comments(10) | trackbacks(14) |




コメント

TBありがとうございます。

>画家アンドリュー・ワイエスの『クリスティーナの世界』を参考に造り上げていったらしい。

知りませんでした!
この絵を見ると本当にそっくりですね。

ローズ役の子はこの先が楽しみです。
ダコタ・ファニングがあまり好きになれないのですが、彼女の映画はこれからも観たいです。
caramel | 2006/07/13 11:08 AM

☆caramelさん
コメントありがとうございます! 
『ローズ・イン・タイドランド』、『クリスティーナの世界』の絵の雰囲気をうまく表現していましたねえ。キレたギリアムの世界観と違い、本物のアンドリュー・ワイエスの絵は郷愁と人間の内面を掘り下げたような静謐な世界観が素晴らしいです。対極でありつつ、どちらの世界観も僕は大好きです。
あと、僕もこまっしゃくれたダコタ・ファニングはあまり好きではないです…。がジョルジュ・フェルランドも、生意気そうな匂いが…けっこう僕の深読みレーダー内ではプンプンしたりしてます。 
A. | 2006/07/13 11:05 PM

こんにちは!
はじめまして!

以前、ジャック・ジョンソンについて検索していてA.さんのサイトに辿り着いて、よく拝見させていただいてました!

A.さんはアーティストさんでいらっしゃるのですね!
ジョセフ・コーネルがお好きだそうですが、私もジョセフ・コーネルのことは大好きです☆

『ローズ・イン・タイドランド』は、すごく観たいと思っているところです!
A.さんのレヴューがすごく参考になりました♪

よろしかったら、私のサイトにも遊びに来てくださいね♪

P.S.リンクを貼らせていただきたいのですが、もしさしさわりがあるようでしたら、教えてくださいね〜m(__)m


ルル | 2006/07/14 10:20 AM

☆ルルさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
ジョセフ・コーネル大好きです。生まれ育ったニューヨークを一度も離れず、ひたすら箱作りに没頭し続けた、元祖引きこもり系?な人物像にグッときます。そんな精神の細やかな人だからこそ、神秘的かつ繊細な素晴らしいボックスオブジェを創れたんだろうなあ。と思います。
リンク大歓迎ですよ!よろしければ、こちらからもリンク貼らせていただきますね。
A. | 2006/07/15 9:30 PM

こんにちわ☆
コメント&TBありがとうございました〜!
確かに・・・ギリアムがやりたい事をやりつくした映画ですよね。世界観といい主人公のローズといい、素敵でブラックなおとぎ話に仕上がっていたと思います。
レビューで紹介されている絵画。雰囲気が絶妙で非常に似ていますね♪
orange | 2006/07/17 12:44 PM

A.さん、こんばんは☆

更新されてた記事、消してしまわれたんですか〜・・?(T_T)
画像の女の子、オッドアイが猫の目みたいで可愛かったです・・・。
ちょっと自ブログの方でもコメントお返しできないような状況だったので、落ち着いたらコメントさせていただこうと思ってたのですけど。。。

リンク、了承していただけて、すごく嬉しいです!
実は、もうすでにリンク貼らせていただいてしまってたのですが、自ブログで事情をお話ししたのですが、gooブログの仕様の事情で、“blogpeople”という表示をクリックしていただくと、A.さんのリンクが地球上に現れたモノリスのように登場するようになってます・・(^_^;)

A.さんからもリンクを貼っていただけるなんて、すごく嬉しいです☆☆
これからいろいろなことをお話しさせていただきたいです♪♪
よろしくお願いします〜m(__)m

私にとって、ジョセフ・コーネルとの出会いはほんと運命的でした!
滋賀県に旅行に行った時、滋賀県立美術館に立ち寄ったのですが、そこでジョセフ・コーネルのシャボン玉セットetc.が展示されていて、ほんと衝撃を受けたんですよね・・・。
その後かれこれ10数年、今までジョセフ・コーネルのお話を出来た人は一人も居なかったので、A.さんとお話しできて、ほんとうに嬉しいですよ〜!(@^_^@)

>元祖引きこもり系?

そうなんですってね・・!それを知ったのは最近なんですけど、ジョセフ・コーネルにますます親近感が湧きました・・(^_^;)

長文になってしまってごめんなさいね〜!

では、これからもよろしくお願いいたします☆☆




ルル | 2006/07/18 4:17 AM

☆orange さん
コメントありがとうございます!
『ブラザーズ・グリム』と違い『ローズ・イン・タイドランド』はひさびさにギリアムの本質の部分が見れて、僕としてはうれしかったです。ほんと、ブラックなおとぎ話で観てて頭クラクラしました!
 
A. | 2006/07/19 12:17 AM

☆ルルさん
リンクありがとうございます!
更新してた記事、間違って非公開にしていたようです。
また、公開いたしました。

滋賀県立美術館での『ジョセフ・コーネル展』御覧になったんですか!確か1992年ぐらいにやってた展覧会ですよね。
か・な・り、うらやましいです。僕は、国立国際美術館でおこなわれた『瀧口修造とその周辺』展で『カシオペア』『海ホテル』他数点しか実物で見た事がないんです。あとは、もっぱら作品集を夜な夜な眺めるだけ…。コーネル作品がズラリと並ぶ美術館…壮観かつ神秘的だったんだろうなあ!
A. | 2006/07/19 12:55 AM

こんにちは。
映像配信サイト「X-TV」編集長:雉と申します。
こちらにトラックバックを張らせて頂きました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
http://x-tv.jp/
雉雅威 | 2006/07/26 11:14 PM

☆雉雅威 さん
はじめまして!
コメント&TBありがとうございます。
こちらこそ、これからもよろしくおねがいします。

雉雅威 さんのブログにこちらからもTBさせていただこうと思ったのですが、何故か上手くいかずエラー表示がでて…TBできませんでした。また挑戦してみます。
 

A. | 2006/07/27 5:23 PM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/57751
トラックバック

【鑑賞】試写会 【日本公開】2006年7月8日 【製作年/製作国】2005/イギリス・カナダ 【監督】テリー・ギリアム 【出演】ジョデル・フェルランド/ジェフ・ブリッジス/ジェニファー・テイリー/ジャネット・マクテイア/ブレンダン・フレッチャー 【原作】ミッチ
映画日記 | 2006/07/13 11:09 AM

   自分勝手なママがいきなり死んで、元ロックスターのパパ(ジェフ・ブリッジス)を街を出て、おばあちゃんの家にやってきたジェライザ=ローズ(ジョデル・フェルランド)。  おばあちゃんの死後、そのままのボロ家に着いてすぐ・・・パパはクスリで
とにかく、映画好きなもので。 | 2006/07/14 7:36 PM

(C) 2005 Recorded Picture Company Limited and Capri Films Inc. All Rights Reserved. しなれば折れない。譲るばかりじゃ得られない。 おまえの賢い瞳。おまえの大きな空。 マイ・スイート・ハニー・ローズ…奇
或る日の出来事 | 2006/07/15 11:37 PM

ろーずいんたいどらんど
spoon::blog | 2006/07/20 9:39 AM

“ギリアム版不思議の国のアリス”と謳われてますが、実際は“ギリアム版悪魔のいけにえ”ではないでしょうか? お話は上品な西原理恵子漫画です。 ヤク中の両親に注射器の扱いまで叩き込まれた少女。 まず母親がやり過ぎで死亡。 それにビビッた父親が、廃墟となった実
裏側から物申しますが・・・敬称略 | 2006/07/26 11:08 PM

京都みなみ会館にて、「ローズ・イン・タイドランド」を鑑賞「ブラザーズ・グリム」の監督テリー・ギリアムの新作です。「未来世紀ブラジル」で有名な監督約20年前に公開された映画・・・・。確か観た記憶はあります。何か不思議な映画でした今回のこの「ローズ・イ
銅版画制作の日々 | 2006/07/29 6:34 PM

『ローズ・イン・タイドランド』(2005 / イギリス・カナダ / テリー・ギリアム) Text By 鮫島 サメ子  ド辺境の地で兄と弟に挟まれて育った筆者は「女の子」が苦手である。同性が苦手、ではない。ある程度育っちまえばいいのだが、幼少期に同性の遊び相手がいなかっ
I N T R O+blog | 2006/08/02 1:02 PM

「ローズ・イン・タイドランド」★★★ ジョデル・フェルランド、ジェフ・ブリッジス 主演 テリー・ギリアム監督、2005年、イギリス、カナダ 主人公の少女は 「不思議の国のアリス」が好きな 10歳のジェライザ=ローズ。 アリスを連想させる地面にあいた穴な
soramove | 2006/08/02 11:10 PM

◆◆鑑賞前メモはこちら〜 こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです! ここ東京では、8月に入ってからというもの、じりじりと熱くなり過ぎない気持ちの良い夏の晴天日が続いています! さて、私、8月の始めにはお盆休み前の“プチ休暇”を取っていたりもし中々ブ
太陽がくれた季節 | 2006/08/05 11:52 PM

少女の世界そのままのような、美しく彩られた毒々しい幻想ワールド。エグイのにピュアな、少女でありながら大人の色っぽさを感じさせる、ジョデル・フェルランドの、魅力溢れるこの作品。おぞましい描写をしているのに、奇妙に鮮やかな美しさ。相反する言葉で表現される
レザボアCATs | 2006/08/15 8:10 PM

本日の映画鑑賞2作目は、 恵比寿でファンタジー!・・・のつもりだったけど、 ファンタジーではなかったにゃ。 その映画は「ローズ・イン・タイドランド」 ! 「テリー・ギリアム」 監督の「不思議の国のアリス」 だって聞いてたので、 とってもぶっ飛んだ
5丁目のたる猫 | 2006/08/16 4:46 PM

ひらりん的にどうも、相性の悪い系監督のテリー・ギリアム監督。 ちょっと、凝り過ぎちゃってて、イマイチつぼにはまらない作品が多いねっ。
ひらりん的映画ブログ | 2007/02/22 3:03 AM

今回紹介する映画は、好きな監督の一人テリー・ギリアム監督の作品で、サン・セバスティアン国際映画祭でFipresci Prizeを受賞した作品の『ローズ・イン・タイドランド』です。 まずは映画のストーリーから・・ 10歳の少女ジェライザ・ローズ(ジョデル・フェルラ
ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介 | 2007/11/30 5:09 PM

作品情報 タイトル:ローズ・イン・タイドランド 制作:2005年・カナダ 監督:テリー・ギリアム 出演:ジョデル・フェルランド、ジェフ・ブリッジス、ジェニファー・ティリー、ブレンダン・フレッチャー あらすじ:10歳の少女ジェライザ・ローズ(ジョデル・フェル
★★むらの映画鑑賞メモ★★ | 2010/08/12 1:47 PM




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

QRコード