A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック


スノークッキー


上記の写真は甘党&新種お菓子ハンターを勝手に自認するわたくし最近のお気にり。神戸スイート倶楽部のスノークッキー。
マダムなスーパー成城石井に売ってるってとこが、いやがうえにもプチセレブリティな感情を盛り上げ、わたくしのちんけな自尊心をくすぐってくれます。(仮想、お金持ち気分ってやつです…。)
いやー、これがうまいんですよ!
ココナッツのカケラが入っていて、それがアクセントとなりつつ、クッキー生地の方は舌で転がすと優しく溶けていくの!
しかもメレンゲ菓子の溶け方のような物足りなさじゃなくて、何て言うか…クッキーとしての存在も「忘れないでっ!」って白いこいつが控えめながらも、主張するとこはきちんと自己主張、俺の舌上でホロロッ、ハリャリャッと溶けていってくれるわけなんです。
わたくし、もう完全にこのスノークッキーのとりこ。
今なら無人島にもっていく食料の第一位に選んじゃうってぐらいの無軌道っぷりも発揮する自身があります。(あとで必ず後悔する自身も100%…)
なにしろ、”舌上に舞い降りた、いたいけな天使っ!”って副題付けて勝手に袋に印刷しちゃいたいぐらいなもんですから(気持ち悪いね。)
まあ、そんなくだらないことが頭ん中をぐるぐるまわりつつ、今も一人ほくそ笑みながら、スノークッキーほおばり、口だけはせわしなく動かし、一袋いっきに胃袋へ流しこもうとしているのでありました。 
書いた人 a | comments(0) | trackbacks(1) |




アフレコ見学

昨日はCO2(シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビジョン)の企画制作部門出品作品である、羽野暢監督の『モスリン橋の袂に潜む』のアフレコ見学に、大阪の某大学にある録音スタジオへと行ってきました。CO2とは「大阪から映画作家を、映像コンテンツを!」という発想のもとに作られたインディーズ映画祭のようなもの。
☆CO2のページ→http://www.co2ex.org/index.html 

僕は『モスリン橋の袂に潜む』に美術でちょこっと参加してまして、そのよしみでアソシエイトプロデューサーであるUさんに誘われて見学させてもらいました。

☆ちなみに羽野暢監督の『モスリン橋の袂に潜む』のスチルはこんな感じ↓
http://www.co2ex.org/co2_no2/kikaku/hano_still.htm
予告編も見せてもらいましたが、妖艶で美しい色合いの映像が実にグー!!
インディーズとは思えない完成度の高さでした。
2月24日(金)に大阪のHEP HALLで上映される完成作品を見るのが今から実に楽しみです!

↓の写真はアフレコスタジオ風景



そして、なんとアフレコ初体験もさせていただきました!
すげえ短い台詞なんですが、一人だけスタジオ入って指示受けながら、声を録るとなるとさすがに緊張。(しかも普段、高倉健ばりに無口な男っすよ!俺…。)
ヘッドホンから自分の声が聞こえてくるのもなんか変な感じで、これまた映像にあわせて喋るのも初めてのもんにゃむずかし〜!!
けれど、始まりがあればそりゃ終わりがあるもので、なんだかんだ言って無事終了。
『モスリン橋の袂に潜む』に声でも参加させていただくことになりました。
ちなみに何役の声かと言いますと、映画冒頭にでてくる、雨合羽を羽織った漁師役A.B.CのB役っす。台詞は二言三言。いや〜、なんか貴重な体験させていただきました。Uさん、スタジオに呼んでくれてありがとうございました。楽しかったっす。


 
書いた人 a | comments(0) | trackbacks(0) |




夢を見た(ジョナサン・ボロフスキーにならって)

女達が長靴の中で踊る夢を見た

小さな公園の中央で何百人もの男達がいがみあっている夢をみた

夢を見た

砂漠に咲く一輪の花を言葉に変えて
手紙にしたためた男の夢を見た

答えのない問いを何度も繰り返す化学者の
虚ろな末路を知ってしまう夢をみた

夢を見た

井戸水の枯れた

夢を見た

人間が一人残らず死んでしまう夢を見た

そこでは何も起こらない

憎しみも悲しみも喜びも嫉妬も欲望も抑圧も主義も主張も
すべてが過去の遺物

夢を見た

星の降る夢

夢を見た

孤独な兵士が誰に知られる事無く息を引き取る夢を見た

夢を見た

靴底にたくさんのガムが張り付く夢

人の形をした悪魔が大きな笑い声を上げながら
扉を開ける夢を見た

夢を見た

砂漠に降る雪

夢を見た

嘘をつく夢

谷底に大切な預かりものを落とす夢

目眩に似た感情が心を覆う夢

夢を見た

空からたくさんのばらの蕾が落ちてくる夢

飛行場が蛙で一杯になってしまう夢

夢を見た

言葉を失う夢声を失う夢光をなくす夢

音もなく街の建造物が次々と崩れてゆく夢

夢を見た

音楽を聞く夢

海の底でピアノを弾く夢

夢を見た

無関心を装おう夢

真実を知る夢

夢を見た

幻想を愛する夢

月の砂漠を歩く夢

透明な速度で弾ける葛藤を必死になって探す夢

行先不明のバスに乗る夢を見た
そこで僕は透明な座席に腰掛け透き通る空の果てを見た

夢を見た

指先に小さな若木が生えてくる夢

嘘を付くと鼻が小さくなってゆく夢

子供達の歌声が一日中響いている夢

夢を見た

物語の終わりに真実が隠されている夢

からっぽの夢

爆弾がたくさん降ってくる夢

蟻地獄に落ちる夢

悲しみが大安売りされている夢

夢を見た

テレビの中に閉じ込められる夢

日に日に世界が縮んでゆく夢

夢を見た

稲妻に撃たれたブリキのロボットが意志を持ち動き始める夢

推理マニアの女性がその推理のとおりに殺されてしまう夢

夢を見た

壁から無数の腕が生えてくる夢

名前を忘れてしまう夢

大きく息を吸って空を見上げる夢

夢を見た

目が覚めたら蠅になっている夢

どこかで聞いた話だ

どこかで見たことのあるイメージだ

夢を見た

涙がとめどなく流れる

夢を見た

猫のようなざらついた舌で君を舐める

夢を見た

静かな世界の果てで

夢を見た

死化粧を施された美しい死人に口づけする

夢を見た

背中に羽が生えるが飛べない夢

夢を見た

私とあなたの秘密

白い部屋

夢を見た

立ち尽くしたままの

夢を見た

言葉が世界を変える

それが私のねがい





夢を見た
書いた人 a | comments(0) | trackbacks(0) |




明日からは横浜です。

明日から2〜3週間、仕事で関東方面に行くので暫くブログ更新ができませんっ…。
が10月初旬にはブログ再開いたします!
『シュヴァンクマイエル展』とか色々見て来る予定なので、その感想等をUPしたいと思っとります!
 
書いた人 a | comments(2) | trackbacks(0) |




ゴディバ、恐るべしっ!!!

ベルギーの老舗チョコレート屋『ゴディバ』のチョコレートドリンクシリーズの”ホワイト・チョコレート・ラズベリー”を大阪の阪急三番街店で買って飲みました。

・・・これ、ヤバいっすよ!
マジうめえ!!!

お値段580円と、ちとプチセレブな飲み物ではありますが、それだけの価値あり!甘党の僕に至福の時を提供してくれました。上にのっかってる生クリームもうまいが、シェイク状になってるバニラ風味のホワイト・チョコとその中に残るホワイトチョコの欠片のうまいこと!!
ひさびさ僕の舌に大ヒット!!
今度はダーク・チョコレート・デカダンス(スゴイセンスの名前・・・注文するとき恥ずかしいねっ!)とミルク・チョコレート・ラテを飲んで全種類制覇してやろう!と三十路にもなってそんなことを日々目論んどります・・・。
 
書いた人 a | comments(3) | trackbacks(2) |




暑いと人は服を脱ぐのよ!!!

シガテラ 6 (6)
シガテラ 6 (6)
古谷 実

★シガテラ6巻読む。まさか完結しちゃうとは・・・。
ちょっと唐突過ぎ・・・。
もうちょっと話し広がっていくのかと思ってた。

★トランクスたった一枚、明らかにほぼ全裸の太っちょおやじ(汗ダク。)が、自転車必死にこいで大きな道路を走っているのが朝の電車から見えました。明らかに猥褻物陳列罪・・・。
目がくぎづけになってしまった自分が無性に嫌。
だってパンツ一丁で自転車こぐおやじ(汗ダク。)ですよ!
しかも、道路のド真ん中を颯爽と!
スゲエ絵づらがよかったの!
裸おやじと自転車の絶妙なコンポジションって言うのかな、なんか現代美術かって思っちゃった。
あまりにもピンポイントで俺のやわなハートが射抜かれちゃった。
なんか見ないわけにはいかなかったんだよなあ・・・。
でも、それがスゲエ腹たつんだよなあ・・・。
裸のおやじって・・・。
しかも朝っぱらから・・・そんなの見ちゃって、今日一日どうテンション保てっての?
俺、本気で家帰ろうかと思っちゃった。
可愛いコが、パンティー、一枚で自転車こいでんのを偶然見たんだったら、俺、本心から喜べんですけど・・・。(そんときは、右手で小さくガッツポーズだよね。)だのに、俺が見たのは、カラオケ行ったらぜってえマイクはなさんような、そういう時だけ態度がやたらとでかくなりそうな太っちょおやじ・・・。(汗ダク。)


・・・俺、今日、太っちょサイクリングおやじなんて見なかったことにするっす!!(半べそで。)

書いた人 a | comments(0) | trackbacks(0) |




金沢へ

明日から金沢。
楽しみにしていた、マシュー・バーニーの『拘束のドローイング』展見に行きます!

http://www.kanazawa21.jp/barney/index.html
書いた人 a | - | trackbacks(1) |




曇り日

今はもう見失ったはずの世界の果て

そこにあったはずの昨日

夕暮れの憂鬱と萎びた手帖

約束した道を辿る

手がかりなし 
書いた人 a | comments(0) | trackbacks(0) |




1万円vs1400万円

[日本郵政公社大阪監査室は14日、切手代金1万円を横領したとして、東成郵便局の元郵便課主任の男(48)を業務上横領容疑で大阪地検に書類送検した。元主任は3月23日に懲戒免職になっている。
勤続30年のベテランだったが、自己都合でやめた場合の退職金1400万円がフイになった。]
・・・朝日新聞4月15日の朝刊に載っていた記事である。ちなみにこの1万円、スナックなど飲食店のツケ33万円の支払いの一部にあてていたらしい。 1万円で1400万円がドロン!である。
もっ、もったいねえ〜!!
目先の事柄(借金)にとらわれて、これからの人生台無しである。もっと長期的な視野で物事を見れてたら、退職金の1400万で33万の借金なんて、あっちゅうまに返せたのにねえ・・・。
そもそも33万円分もツケで飲んでたっていう無計画ぶりに驚かされるが・・・。
なんだかなあ・・・。とんだおバカさん。
この記事を読んで、俺はその間抜けさ加減に思わず笑ってしまったんだが、よくよく考えると、
スケールは違えど日本って国もこの男と同じようなことしてねえか?
先進国のお偉方もこの男と同じような過ちを犯し続けてねえか?
人間社会も自然に対してこの男と同じような身勝手さを持ち続けてねえか?
と、そんな思いがふつふつと沸き上がり、なんだか笑えなくなった。
目先の利便や利益にとらわれなず長期的に物事を見ること。
これって人間にとって、社会にとって、とても難しいことなんだろうなあ。
まあ宇宙レベルで見たら人間の思う長期的なことって、とてもちっぽけなことなんだけど・・・。
でも、なんだろう?たとえちっぽけなことだとしても、長期的に物事を見て考える努力は必要だと思う。1万円と1400万円のどっちを選ぶかとしたら迷わず1400万を俺は選ぶし。
でも、やっぱ目先の小さなことにとらわれちゃうんだよなあ・・・俺。
書いた人 a | comments(0) | trackbacks(0) |




世界を埋める

今までに無くした物の数を数えてみる。

今までに行った事のある場所を数えてみる。

今までに使ったお金の総額を数えてみる。

今までに付いた嘘の数を数えてみる。

今までに出会った人の数を数えてみる。

今までに迷惑をかけた人の数を数えてみる。

今までに憎んだ人の数を数えてみる。

今までに見た笑顔の数を数えてみる。

今までに見た涙の数を数えてみる。

それらを時間をかけて思い出してみる。

そして思い出したものの数をゆっくりと数えてみる。
書いた人 a | comments(0) | trackbacks(0) |




フワリ

本当の事を言うと、僕たちは寂しくなどなかったのだが、
寂しいと言うことで何かをごまかしていたらしい。
その何かと言うものも、何か非常に漠然としていて、
言葉にするとどう表現したらよいのか、何やらよくわからない。
けれどその何かは確かに僕たちのなかに存在している。

雨の日の夕暮れにひっそりと佇む、
このフワリとした感覚は一体なんなのだろう?
書いた人 a | comments(0) | trackbacks(0) |




坊主頭と黒毛和牛上塩タン焼680円


ニ週間ほど前に思い立って坊主にしたのだが、なぜこんな寒い時期に坊主にしてしまったのか。ひょっとしたら俺は馬鹿なのじゃなかろうか・・・?と自問自答の毎日を過ごしている。しかし、坊主頭はほんと、楽。髪洗ってもあっという間に乾く。洗面所でも難なく洗えてしまうお手ごろ感は、なんか癖になりそうだ。一昔前に映画『スピード』のキアヌを見て、巷の若者たちみんながみんなこぞって坊主頭にしちゃったってことがあったが、あの当時、誰一人として、けっしてキアヌにはなれてなかったって事実を僕は脳みそに刻み込んでおくべきだったのだろう・・・。しかし、外人の坊主ってなんであんなにかっこいいのか?ブルース・ウィリスしかり、『トレインスポッティング』のユアン・マクレガーしかり、個人的にはプレミアリーグ、アーセナルのユングベリの坊主頭なんてすげえかっこいいと思うが・・・。そういや、『エイリアン』でのシガニー・ウィーバーの坊主頭もかっこよかったな。女性の坊主もスーパーモデルがたまにやったりとかするけど、ありゃ、アンドロイド系なかっこよさだよな。浮き世離れな感じがなんともいえん。トイレとか絶対行きそうにない感じが、妙にシュールレアリスティックだよ。シュールレアリスティックと言えば大塚愛の新曲の題名には腰が抜けたな。

黒毛和牛上塩タン焼680円

!?

スゲエよ大塚愛!
今のシャラポワ人気なんか目じゃないほどスゴイ!
天才か、はたまた風船おじさん的な頭の持ち主なのか・・・。 
『黒毛和牛上塩タン焼680円』・・・。
このなんの変哲もない焼肉屋メニュー的な題名に彼女のポップでアンニュイなアーティストセンス?がいっぱい隠されている気がする。彼女は歌の題名にはじめて哲学的な要素を持ち込んだアーティストなのでは?新しい題名(黒毛和牛上塩タン焼680円・・・。)の波が今Jポップ界を席巻しようとしているのかも!!!
この歌を機に

『きゅうりとキャベツ347円』

『目薬2個で980円』

『紳士靴下5足で780円』

などの数々のヒット作がっ・・・。

・・・彼女は天才だと思います。
(黒毛和牛上塩タン焼680円食べてみたくなりましたし・・・。)
書いた人 a | comments(0) | trackbacks(0) |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

QRコード