A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< 雨池十八丁目の淵の中 | main | 最後の恋のはじめ方 >>

ライフ・アクアティック

ライフ・アクアティック コレクターズ・エディション(初回限定生産)
ライフ・アクアティック コレクターズ・エディション(初回限定生産)

ライフ・アクアティック オリジナル・サウンドトラック
ライフ・アクアティック オリジナル・サウンドトラック
サントラ, スヴェン・リバーク, デヴィッド・ボウイ, セウ・ジョルジ

昨日、ウェス・アンダーソン監督の『ライフ・アクアティック』を神戸で観てきましたが、これはいいですよ。
”個人的、今年観た映画ランクベスト5”には必ず入るであろう逸品でありました。
血湧き肉全く踊らない冒険活劇。黒いジャック・ジョンソン、ボサノバ調ってな雰囲気のセウ・ジョルジ(ペレ・ドス・サントス役)のギタ−プレイに代表される、映画全体を包む、ゆるゆるな雰囲気の心地いいこと!(セウの演奏している曲は、全部デヴィッド・ボウイのカバ−なので意外とトゲはあるはず・・・なのにボサノバ調に編曲しているためか、ボウイの曲までがゆるいのなんの!)  
アニメーション担当がヘンリ−・セリックというのもポイント高し!
(ヘンリ−は『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』

『モンキー・ボ−ン』(下衆な笑い満載の快作!)を撮った監督。)

オタ気質なストップモ−ションアニメが非常に萌え。 
全編に漂うB級映画テイストのインチキ海洋冒険は、そんじょそこらのなごみ系映画より、はるかになごみます。この果てしなく、ゆるく、ぬるい世界観に浸れる人には『ライフ・アクアティック』はめちゃくちゃおもしろい。しかし、意味やストーリー性を映画に強く求める人には、この映画、退屈で仕方がない駄作だと思われます。この映画に意味を求めることこそ愚の骨頂。いつもは悪役ばかりのウィレム・デフォ−が、半パン姿ではしゃぐ姿をカワイイと思ったり、アンジェリカ・ヒューストンのデラ太りっぷりに唖然としたり、無駄に造り込まれた船のセット、これまた、意味もなくオシャレな海洋探検隊水色ユニフォームと、赤い帽子の絶妙なコントラストに、こんなとこに無駄にセンス使ってアホやなあ、この監督・・・。と考えてみたり。そして何より、こんな映画見てる俺のセンスって、けっこうイケてるじゃん!なんか流行に敏感じゃねえ?などと適当に思っとけばいいのです。

あ〜、俺はいつまでも『ライフ・アクアティック』のお馬鹿な世界に浸っていたいなあ・・・。

まあ何よりスティーヴ・ズィスー役のビル・マーレーが最高でした。
(自分勝手なのに、なぜか憎めないキャプテンをゆる〜く熱演!)
しかし、劇中に登場したズィスーモデルのアディダススニーカーほしいな・・・。

『ライフ・アクアティック』↓
http://www.movies.co.jp/lifeaquatic/


★そういや、ペレ・ドス・サントス役のセウ・ジョルジ来日公演しますね。↓
http://www.plankton.co.jp/seujorge/
観に行きてえ!
書いた人 a | comments(6) | trackbacks(12) |




コメント

TB&コメントありがとうございました!
「血湧き肉全く踊らない冒険活劇」
まさにその通り!ですね。ゆるゆる〜。
こういう、観る人を選ぶ映画って、自分のツボにはまったときの快感がたまりません♪
ナギ | 2005/07/02 4:56 PM

Seu Jorge来日するんですね。見に行きた〜い!『シティ・オブ・ゴッド』も良かったです(こっちはゆるゆる系とは対極ですが)
jaja | 2005/07/03 12:29 AM

ナギさん
ゆるゆるに空回りしながらも、適当にまとめちゃうアンダーソン監督のスタンスに僕は感銘を受けました。
しかし、好き嫌いがこれほどはっきり別れる映画もそうそう無い気がしますね〜。

[観る人を選ぶ映画って、自分のツボにはまったときの快感がたまりません♪]←まさにそのとおりっ!


jajaさん
Seu Jorge来日です!
大阪の公演、なんとか行きたいと思ってるところです。
僕は『シティ・オブ・ゴッド』未見なので、公演までに見とか ないといけませんね〜。
A | 2005/07/03 1:30 PM

こんにちわ!先日はトラックバック&コメントどうもありがとうございました。改めて遊びに寄らせて貰いました。レビューの方、とても興味深く拝見させて頂きました。ほんとまったく持って緊張感とは無縁のゆるく、ぬるく、しまりのない映画でした。あれだけの人数が拳銃を持って立ち回ってるシーンでも全然身構えようともしなかったもんなあ、自分(笑)アンダーソン監督にはこれからもますます個性に磨きをかけた傑作スロー・ムーヴィーを作っていって欲しいものです。

個人的にウィレム・デフォーの大ファンなんであの短パンにはもう終始やられっぱなしでした。何故・・・なんでお前だけ・・・どうして・・・(笑)相変わらずアクションセンスも抜群でとても50とは思えない身のこなしを見せてくれました。素晴らしい!ではでは、またちょくちょく覗かせて貰いますね!
マジ | 2005/07/07 12:55 PM

マジさん
ウィレム・デフォー・・・五十歳なんすか!
僕が最近知ってびっくりしたのは、川島○お美が四十五歳ってことです。まあ、どうでもいいことなんすけど・・・。
アンダーソン監督次回作も期待大ですねえ!
A | 2005/07/08 1:05 PM

TBさせていただきました。

独特のゆるさとビル・マーレーの淡々とした演技。
奇妙な印象が残りました。
タウム | 2007/11/08 5:44 PM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/7636
トラックバック

これもちょっと前に見てたのだけど何とも書きようがなかった(笑)。 Seu Jorgeがポルトガル語で歌うDavid Bowieが良いなぁ…。ってそれくらいか(笑)。あとオーウェン・ウィルソンてなぜか東洋系のアクションと組み合わせるのが似合うのはアメリカを代表する田舎モン〜っ
jajaの映画日記 | 2005/06/28 1:25 AM

>ライフ・アクアティック 「ザ・ロイヤルテネンバウムズ」でその個性を存分に見せつけたウェス・アンダーソン監督の最新作。「こういう人が見たら気に入るだろうなあ」というはっきりとした「適応症」のある作品だと思います。面白いんでちょっと設問とか考えてみたり
TRUE−TIME WEB−LOG | 2005/06/28 12:46 PM

最初の10分は、「川口浩が洞くつに入る♪カメラマンと照明さんの後から入る♪」こんなテーマが流れてきそうな(^^;シュールな川口浩探検隊(あるある探検隊とはちゃいますよ〜)といった趣きでした。 かなり好みが分かれそうな作品。 楽天的でユルイです。家族
the borderland | 2005/06/28 8:08 PM

World-Brasil-MPB : ★★★★★   Bossa Duets   ボサノバをテーマに見るMPBの展望   恒例となったジョイス7月のBlue Note公演。この時期が来ると夏を感じる方も多いのではないだろうか。ジョイスの来日公演は'85に始まり、'88に再来日。Blue
【ponty's music lounge】 | 2005/06/28 9:59 PM

人生は 冒険だ この映画、順調に行けば 仲間を食い殺したサメに復讐する という単純なお話なんですけどね。 障害が多すぎて、あーもー進みゃしないー。 横道それすぎだよと思っていたら、実はその横道こそが本筋だったというお話。 観終わってから気付いた私・
世界は映画でまわってる。 | 2005/07/02 3:36 PM

ライフ・アクアティック   シネリーブル神戸で観てきました。 監督は「ザ・ロイヤルテネンバウムズ」のウェス・アンダーソン。 キャストもビル・マーレイやケイト・ブランシェット、 などなど味のある俳優ばっかり。 おもしろくないわけがない! で、感
アンチハリウッド!な映画部ブログ | 2005/07/10 12:15 AM

'05.07.08 Tと『ライフ・アクアティック』鑑賞。 予告見て即決。なかなか予定が合わなくて終了1週間前の鑑賞と意外にギリギリ。時間もギリギリ。そんなに混んでなかったけど微妙に空いていないので、一番前の真ん中で見てみた。チト辛かった。 ウェス・アンダー
・*・ etoile ・*・ | 2005/07/20 1:30 PM

ビル・マーレイ主演 海洋アドベンチャー映画? かつて偉大な海洋探検家と尊敬されていた中年男 スティーヴ・ズィスーと仲間達の冒険を描いていく コメディーなのに何故か切ない感情が残る映画 彼の右腕エステバンがジャガーシャークに殺され そのサメを追い旧式の
travelyuu とらべるゆうめも MEMO | 2005/07/24 11:12 PM

シティ・オブ・ゴッド DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組) 最近、酔って映画の話題になると「セウ・ジョルジ」と「シティ・オブ・ゴッド」の話しになります。どちらも知らない私は、記号を解読するように「シティ・オブ・ゴッド」を観ました。 本当に面
Bodhi Tree Book Club | 2005/08/12 9:07 PM

映画が意味を持つのは登場人物が誰かの人生に結び付いた時だ 経験してきたことや現実の出来事などにね (ウエス アンダーソン監督の言葉より) 怒涛のレンタル観賞幕開けです まずは僕の一押し、ウエス アンダーソン監督の2作品から。 テンポよい展開、ポッ
愛する二人の交換日記(正樹から美香へ) | 2005/08/26 11:20 AM

「ライフ・アクアティック」 実に独特の映画でした。 全体的にゆるい感じ。切実さのかけらもない感じ。 一体、何なのか、ちょっと乗れませんでした。 ライフ・アクアティック ...
本読め 東雲(しののめ) 読書の日々 | 2007/11/08 5:49 PM

監督:ウェス・アンダーソン 出演:ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、ケイト
Albrecht's Alternativity@ココログ | 2010/08/18 11:26 PM




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

QRコード