A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< キングス・オブ・レオン アーハー・シェイク・ハートブレイク | main | サンボマスターは君に語りかける >>

スカイキャプテン・ワールド・オブ・トゥモロー

スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー プレミアム・エディション
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー プレミアム・エディション

公開終了間近だったので昨日、『スカイキャプテン・ワールド・オブ・トゥモロー』を見て来た。最高のおたく映画だった。なんてったって、監督のケリー・コンランが認められたのが4年という歳月をかけ作り上げた、たった6分間の映像であるっちゅうことがおたく映画たる証しだろう。4年で6分って・・・1年で90秒の映像である。きっと亀よりおそい。なめくじよりもきっとおそい。まる虫よりもおそいはず・・・。とにかくとろい・・・。ほんと気の遠くなるような作業だったはず・・・。なんでも、自宅のアパートにブルースクリーンを張り、旧式のMacを使い、CGと人物(演劇学校の友人や家族に演じてもらったらしい。)を合成して、ひたすらコンラン独特の映像を創り続けていたとか。しかも、たまに生活のためにバイトするぐらいであとはほとんどこもりっきりで映像作りに没頭していたらしい。こりゃ、認められたからいいものの認められなかったらただの変人ですよ!しかし、そういう話を聞くと僕は見たくてたまらなくなるわけでして、おそまきながら見てまいった所存でありまして・・・。いやー、とにかく映像が面白い!設定が1936年のニューヨークに突然ロボットの集団が攻めて来て・・・それをプロペラ機(カーチスP-40)を巧みに操るスカイキャプテンこと、ジュード・ロウが迎え撃つってとこから始まる、レトロな古き良き?時代のSF映画リヴァイバルって感じなんだが、そういう時代のSF映画を、人物以外すべてCGで作り込んだところにこの映画の面白さがあって、しかも映像の造り込みがはんぱないほどスゴイ!(わざとチープにみせてるところもあったりするが、それもぴったりとはまっていていい感じ。)カッサンドルのポスターを映像にしたような場面も多々あって、レトロなセンスもかなり僕好み。飛行機内のコクピットデザイン、30年代風のラジオや通信機のレトロデザインもかなりグッときた。 年々、頭の生え際の後退が気になるもののジュード・ロウなんてかなりのはまり役。ほんと古典的な男前って感じですごくいい。(こりゃ、クリストファー・ノーランの映画化する『奇術師』もかなり期待できるな。)はと胸、鶏ガラ女優グウィネス・パルトロウも30年代ファッションに身を包んですごくよかった。ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウの会話もいいセンスで、にんまりすること多数。唇の厚みがもはや犯罪の域に達している感のあるアンジェリーナ・ジョリーなんて出番は少ないが最高にいかしてる!と、この映画、僕はかなりはまった。DVD発売されたらたぶん買ってしまうだろう。しかし公開期間が短すぎるのはなんとも残念だなあ。意外と面白いのに・・・。ケリー・コンラン監督の次回作かなり楽しみだ。 
書いた人 a | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/14040
トラックバック




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

QRコード