A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< 泣かない女はいない | main | エイモス・リー >>

笑いの大学

笑の大学 スペシャル・エディション
笑の大学 スペシャル・エディション
三谷喜幸原作・脚本の映画『笑いの大学』を観た。
昭和15年、戦争への道を突き進みはじめた日本。 
そんな時期に笑いは不謹慎とばかりに、国民娯楽である演劇は上演前から、お堅い検閲官によって台本が添削され、その検閲官の規制に従わない脚本家の劇はたちまち上演中止になっていた。そんなおり、警視庁の取調室に呼び出された『笑の大学』座付作家、椿(稲垣吾郎)は検閲官、向坂(役所広司)の検閲を受ける事になる。
取調室で検閲を受けるたびに、二人の間にかすかな友情のようなものが芽生えてくるが・・・
と言うお話。映画の半分以上が役所広司と稲垣吾郎の取調室での会話劇。否応なく二人の演技力が確かめられるわけです。 
もう、ひとことで言って役所広司は天才!この演技は日本人誰が観てもスゴイ・・・と思うはずです。演技のうまさ、表現の多様さに現代日本にも、こんなスゴイ役者さんがいるんやなあ〜と心底、感心させられました。吾郎ちゃんの演技も悪くはないのだけど、天才役者のまえでは・・・明石やさんまとつぶやきシロー。もとい、サザンと大事マンブラザーズバンド状態です。・・・まあようするに、てっちり嗜む大人と、旨い棒をうまそうに食う子供ぐらいの差があるわけです。と言いつつ、役所広司に引っ張られる形で吾郎ちゃんも、がんばって演技しているので二人の演技合戦、充分見ごたえアリでした。
ストーリー的には、前半、少々展開がゆっくりで間延びした感がありましたが、後半から、ぐんぐん急加速!二人の会話劇に目が離せなくなります。ラストもこれまた切ないねん・・・。
笑って最後に切なくさせる。良い映画の見本のような映画でした。

●ちなみに椿(稲垣吾郎)のモデルとなったのは実在の人物、喜劇王榎本健一(エノケン)の座付作家菊谷栄。検閲に泣かされながらも、エノケンの全盛期を陰で支えていたんですが、作家としてもっとも脂が乗っていた時期に召集。35歳という若さで戦死しています。この事実を知った上で『笑いの大学』を見ると。ラストがよけい胸に滲みます。
 

書いた人 a | comments(1) | trackbacks(7) |




コメント

TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました。
モデルとなった人物がいたことは知りませんでした。あのラスト、何とも言えず切ないです。
Deanna | 2005/08/25 5:59 PM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/1550
トラックバック

 笑の大学 あらすじ;戦時下の昭和15年の東京。検閲官・向坂(役所広司)は劇団「笑の大学」の座付き作家・椿(稲垣吾郎)に次々と無理難題をふっかけ、直せなければ上演中止だと脚本の書き直しを迫る。が、椿はその要求を聞いてさらに素晴らしい脚本を作りあげてい
The Final Frontier | 2005/08/25 5:56 PM

「笑の大学」   監督:星 護   出演:役所広司、稲垣吾郎、高橋昌也ほか   原作・脚本:三谷幸喜 一人は笑を愛した 一人は笑を憎んだ 二人の友情が完璧なコメディを創り上げた               <パンフより>  舞台で有名な作品だが
月影の舞 | 2005/08/29 3:35 PM

「笑の大学」(2004・日本) 脚本家・三谷幸喜の最高傑作と呼ばれる舞台喜劇を、役所広司と稲垣吾郎(SMAP)の二人の俳優を起用して映画化したもの。もとの舞台は完全に二人芝居だが、映画では他の役者も少しは登場する。それでもやはり映画もほとんどは密室内の二人
make myself just as hard | 2005/10/23 10:05 AM

西洋 占星術 でみるジレンマ 恋愛は波乱が多すぎる? 根はおっとりとしている?
ズイフー!!ブログ - 占い相談 教室 研究会 - スプリングポイント | 2006/05/28 12:27 PM

A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B (演技4/演出2/脚本3/撮影3/音響3/音楽2/配役3/魅力2/テンポ3/合計25) 『評論』 元が舞台で、しか
ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! | 2006/07/07 5:32 PM

役所広司&黒沢清監督。。。現在の日本映画界を代表するコンビによる 新作「叫(さけび)」が公開にあたり、監督&キャストの合同インタビューが行われた
画像掲示版WEB | 2007/03/07 4:50 AM

アメリカはシカゴからのニュース。近所の花火が危ないと911(警察や救急車などを呼ぶ番号)にかけた結果、出たオペレーターが笑いっぱなしで会話ができないという事件(?)がありました。 被害者(?)はブリジットさん。近所で行われている花火が家まで飛んできて危
世界おもしろ新聞 | 2007/08/08 4:37 PM




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

QRコード