A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< Amy Cutler | main | bahashishi live >>

アンソニー・デヴィッド ジョン・メイヤー

さて、今回の記事は最近の愛聴盤シリーズです。
まずは、アンソニー・デヴィッドの1stアルバム、
『3コーズ&ザ・トゥルース』
これは、アルバムジャケを一目見て「買わなあかんっ!」と思わせた一枚であります。
なんてったって、ギター抱えて満面の笑顔ですからねえ…こりゃ絶対いい歌うたってるでしょう!ってことで、即試聴。そして即買い。
アンソニー・デヴィッド、いい声してます!

3コーズ&ザ・トゥルース

帯文にはビル・ウィザースを思わせる素晴らしい歌声と絶賛され云々…と書かれてましたが、確かにウィザースの声に近い、巧いというよりも何処か朴訥としていて温かみのある声をしています。音的には、アコースティック、ソウルの大御所テリー・キャリアーを思わせるフォーキーソウルな仕上がりで非常に耳に心地よく響いてきます。

☆ビル・ウィザースのベスト版↓ 
Lean on Me-Best of Bill Withers
Lean on Me-Best of Bill Withers
Bill Withers

アンソニー・デヴィッドはデビュー前のインディア・アリーと交流があったらしく、彼女のデビュー作『アコースティック・ソウル』には彼が『part of my life』と言う曲を提供しています。
Acoustic Soul
Acoustic Soul
India.Arie


☆テレビ番組での簡単なインタビューと『3コーズ&ザ・トゥルース』収録曲であり、インディア・アリーに提供した曲、
『part of my life』の弾き語り映像。↓
(ジャック・ジョンソンらサーフ系を彷彿とさせるギターコード進行が心地いい!ほんと、いい声だなあ。)


☆インディア・アリーとのデュエットライヴ映像。↓
(途中で映像切れちゃってるのが残念ですが。)

☆アンソニー・デヴィッドのサイト
http://www.anthonydavidmusic.com/

☆アンソニー・デヴィッド関連サイト
http://www.v-again.co.jp/village/artist/anthonydavid.html

☆アンソニー・デヴィッドの2nd.アルバム
『レッド・クレイ・クロニクルズ』↓
レッド・クレイ・クロニクルズ
レッド・クレイ・クロニクルズ


そして次にジョン・メイヤーの『コンティニュアム』↓

コンティニュアム
コンティニュアム
 
ジョン・メイヤー・トリオ名義のアルバムを挟んで、ジョン・メイヤー個人でのアルバムはこれが通算三枚目。1st、2ndアルバムでのポップでメロディアスな音に比べてより深く濃くなってきたのは、ジョンメイヤートリオでのブルースへの原点回帰ともいえる活動があったからではないかと思います。
マーヴィン・ゲイやカーティス・メイフィールドら、ソウルミュージックへの憧憬にあふれた、一曲目の『Waiting on the world to change』で既に私の耳はノックアウト。
派手さはまったくと言って無いアルバムですが、地にしっかりと足のついた、シンプルで奥深い演奏を聞かせます。彼は今年で29歳なわけですが、年齢に似合わずの悟りっぷりに脱帽。
二年ほど前に彼のライヴを見に行ったことがあるんですが(ギターの巧さにびっくりしました。)今の彼のライヴはもっとスゴイことになってるんやろうなあ…と思わずにはいられない良作アルバムです。

☆ベースにピノ・パラディーノ、ドラムスにスティーヴ・ジョーダン、そしてギター、ヴォーカルにジョン・メイヤーとトリオ編成でのライヴアルバム。
熱いブルース魂はいってます!渋いっ!↓
トライ!ライヴ・イン・コンサート
トライ!ライヴ・イン・コンサート
ジョン・メイヤー・トリオ 
 
☆アルバム『コンティニュアム』の一曲目を飾る『Waiting on the world to change』のPV↓



☆そしてこっちが『Waiting on the world to change』のライヴ映像↓

☆ジョン・メイヤーのサイト
http://www.johnmayer.com/

 
書いた人 a | comments(0) | trackbacks(3) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/73658
トラックバック

ビル・ウィザーズはこれまでに『Greatest Hits』、94年に『Lean on Me』というタイトルのベストを出しているが、今回登場の『Lean on Me』も前述の2枚と内容はかなりダブっている。70年代のソウル・ポップ・ヒット「Lean on Me」「Ain't No Sunshine」「Lovely Day
1-kakaku.com | 2007/02/20 11:18 AM

アコースティックさを備えたグルービーなソウルミュージック。『Acoustic Soul』は、そう広告されていた通りのアルバムだ。アリー自身のギター演奏を、(シンセサイザーの代わりに)ストリングスと(ドラムマシンの代わりに)ドラムが補足する。ドレッドロックの小柄なアリ
1-kakaku.com | 2007/02/25 5:20 AM

Room for SquaresAny Given Thursday (Dol) この曲は以前、僕が通っている英会話スクールのレッスンで授業の題材として使われたことから知りました。 授業をやった先生がJohn Mayerの大ファンで、それまで、僕はJohn Mayerの名前さえ知りませんでした。 ’I like John
イルカちゃんの楽しく英会話 | 2007/09/08 9:24 PM




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

QRコード