A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< アーキグラム | main | 泣かない女はいない >>

シュテファン・バルケンホール展

Stephan Balkenhol
Stephan Balkenhol
Stephan Balkenhol
国立国際美術館に『シュテファン・バルケンホール、木の彫刻とレリーフ』展を見に行った。バルケンホールはドイツの現代彫刻家。現代人(白いシャツに黒いスラックスをはいた何処にでもいそうなおじさん。このモデルはどうやら作家本人っぽい。)や、童話ブレーメンの音楽隊から抜け出て来たような動物達の彫刻や、巨大な大聖堂の彩色レリーフ作品(遠くから見ると絵に見える。近寄って見ると、版画のように板を彫り込み彩色しているのが分かる。版の凸凹感がなんともいえず良い!)などなど、約50点あまりの展示。
ところどころ木の削り痕を、さかむけのように残している荒削りな仕上げの木彫は、形が非常にユーモラスで、彫像それぞれにすっとぼけたオーラをかもしだし、じっと見ていると美術館にいるのになんとなく笑いが込み上げてくる。特に動物シリーズの黒いプードルの形はなんともかわいらしく(ちっちゃな子供が楽しげに作ったって感じ。)バルケンホールって子供がそのまま大人になっちゃったような人なんじゃないか?という思いが頭に浮かぶ。現代美術にありがちな小難しさがないのが見ていて実に心地よい。素朴で荒削りな作風は日本の円空仏を彷佛とさせ、さながら現代版ドイツの円空仏師の趣き。わざと荒削りなところを残しつつも、よく見ると細かいところはやたらと丁寧につくりこんでいて、芸が非常に細かい。一見、おおらかな作風ながら、実は以外と神経質に作り込んでいるあたり、まさにドイツ人気質の面目躍如。こういう細かいところにこだわりを持つ作品、僕は大好きであります。

 
書いた人 a | comments(1) | trackbacks(5) |




コメント

ほんとに楽しい展覧会でしたね!
今後ともよろしくお願いします。
jaja | 2005/05/25 12:04 AM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/992
トラックバック

国立国際美術館にて。国立国際美術館、特別展のメインのほうではエミール・ガレのような人気ある作家を特集して人を集め、それと併行して現代美術のおもしろい特集をやるという戦略が続いてますね。マイナーのほうだけでは果たして足をはこぶかどうかわからなし、知らな
jajaの映画日記 | 2005/05/24 12:15 PM

ゴッホ展を見に行った時に、国立国際美術館の地下2階でやってた「シュテファン・バルケンホール:木と彫刻のレリーフ」展の感想を今頃書きます(^^;)ちなみにゴッホ展は地下3階です。シュテファン・バルケンホール(Stephan Balkenhol)は、ドイツの現代彫刻家です。
ASIA SEASON | 2005/06/17 11:01 PM

ちゃんとお金出して観に行く予定だったんだけど。 思いがけず、招待券をゲットして。タダ見してきました。 最近、美術館と言うものは、週末のみ遅くまで開館しているところが多い。 という情報は、実はわりとまだ浸透していないらしく。 結構、穴場的な時間。 こ
forget-me-not blog | 2005/07/09 4:03 AM

 国立国際美術館にて。科学館でえらく工事してるなぁと思ったらこれだったか…。見た...
Field::blog | 2005/07/17 1:00 AM

げーじゅつのあきっ! ドイツの彫刻家、シュテファン・バルケンホールさんの 木と彫刻とレリーフを見てきました。 すごいよ!
ねっこ。 | 2005/10/27 10:57 AM




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

QRコード