A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< 生の芸術 アール・ブリュット展 | main | 生協の白石さん >>

コープスブライド

Tim Burton?'s Corpse Bride [Original Motion Picture Soundtrack]
Tim Burton?'s Corpse Bride [Original Motion Picture Soundtrack]

★日本語版公式サイト↓ 
http://wwws.warnerbros.co.jp/corpsebride/
 
さてさてティム・バートン監督作『コープスブライド』を見てきましたよ!
期待したとおりの出来っ!!
『チャーリーとチョコレート工場』も見ましたが、僕は『コープスブライド』の方が断然好み。『シザーハンズ』、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』(ティム・バートンは原案、制作)、『エド・ウッド』の流れをくむ、切ねえ!逸品でした。登場するパペット達の滑らかな動きにまず感動!(パペットを一コマ一コマ、ちょっとづつ動かし、撮影したものを繋げて映像化するストップモーション・アニメの手法で作られてるんですが、これって12時間でわずか2秒分の映像しかつくれないらしいっす…。)そして、どう見ても一切の手抜きなしっ!と思われるセットの完成度に脱帽!(ブルーグレーを基調とした生者の世界、ゴシック風建築物のディティールから、死者の世界の木製ベンチの腐食具合まで見事の一言!)、いったい、なんなんでしょう?このオタク気質バリバリのこだわりっぷりは?監督が監督だけに、ついてくるスタッフもきっと変な人が多いんでしょうねえ、きっと…。今回のパペットは頭部に複雑なギア装置を組み込み、撮影ごとに六角レンチでそれを動かし、表情を豊かに出来るようにしているとか。(従来のストップモーション・アニメでは幾つもの表情の顔部分を用意し、それを付け替えることによって表情を作っていた。)さすがはプロのクリエイタースタッフ。プロ意識の高さは、ほんと感動もんっす。
ティム・バートン、子供が生まれたことによって、『ビッグ・フィッシュ』、『チャーリーとチョコレート工場』と立て続けに、家族愛に満ちた温かい作品を撮り(『チャーリーとチョコレート工場』はでてくる子供達にとって少々ブラックではありましたが…。)、以前のダークでシュール、どこかとんがったイメージが薄れてきている感が否めなかったんですが、
どっこい、『コープスブライド』は、少年時代オタクで卑屈ないじめられっこだったことにより、形成されたバートンの夢見がちな世界観が縦横無尽に展開されていて、まだまだバートンは繊細すぎる心を忘れていないっす!やっぱ正真正銘のオタク監督っす!!と超興奮いたしました。兎に角この映画はバートンのひねくれもん、かつ超繊細な感受性が爆裂した秀作だと思います。DVD発売されたら絶対買い!です。

★しかし、音楽のダニー・エルフマンは曲を作るのがうまい!!『チャーリーとチョコレート工場』の音楽も彼なんですが、とても器用な人ですね。この人、きっとどんなジャンルの音楽も簡単に創れちゃうんだろうなあ。ティム・バートン映画には彼の音楽は絶対かかせないですね! 

チャーリーとチョコレート工場 オリジナル・サウンドトラック
チャーリーとチョコレート工場 オリジナル・サウンドトラック
ダニー・エルフマン, サントラ

★ミセス・プラムがいくよ・くるよのくるよ、コープスブライドの目から飛び出る虫、マゴットがアホの坂田師匠、もしくはダメ親父に見えてしかたありませんでした。

★上映中、僕の座席近くの中学生ぐらいの連中(男二人に、女二人のダブルデートなやつら。)がうるさくてしかたありませんでした。大声で喋る、お菓子をバリバリでかい音で食う。席を立ったり座ったりを繰り返す…ここは君らの家かいっ!!とおもわずツッコミました。(心の中で…。)僕がゴルゴ13だったなら…。
よいこのみなさん劇場では静かに観覧しましょうねっ!


書いた人 a | comments(7) | trackbacks(5) |




コメント

こんばんは、トラバどもです。
監督が好きなように作ったらこうなったって感じが私も好きですね。マゴットがアホの坂田って似てる(^^;
カヌ | 2005/11/01 11:19 PM

私も観てきました。
"切ない" という表現が一番ぴったりするような気がしますね。
ティム・バートンがますます好きになったのでした。
るき | 2005/11/02 7:39 AM

るきさん
コメント&TBどうもです!
僕もこの映画でティム・バートンがますます好きになりましたよ!

A. | 2005/11/02 5:23 PM

こんにちは。以前に一度コメントさせて頂いたのですが、『シュヴァンクマイエル展』良かったのですね!ほんとうに羨ましいですー
こちらのブログの情報量の多さにも感無量です。これからもAさんの視点で捉えたお話が楽しみです☆私のブログでリンクをさせていただきました。問題があれば削除させていただきます。これからも覗かせていただきます、よろしくおねがいします☆☆
つまこ | 2005/11/03 7:55 AM

つまこさん
『シュヴァンクマイエル展』最高でしたよ!
★リンクありがとうございます。こちらからもリンクさせていただきました。これからも御贔屓に〜!
A. | 2005/11/03 3:50 PM

ひゃっ!リンクしていただいて感無量です!!ありがとうございます☆これからもよろしくです♪♪
つまこ | 2005/11/04 4:10 AM

オタク監督ですよね!そのご意見に賛成賛成(笑)
楽しめました〜この作品。
なのに周りには恵まれなかったようで…。
私もそういうときは自分がゴルゴだったらいいのにとつよーく思います。
サクっとね、サクっと…ふっふっふ。
chishi | 2005/11/20 12:21 AM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/25085
トラックバック

せっかく、吹替えはジョニー・デップ&ヘレナ・ボナム・カーターがやっているっていうのに、地元の映画館では日本語吹替え版しか上映されていませんでしたので、仕方なく日本語で観てきました。 どうしても「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」と比較してしまいま
☆ 163の映画の感想 ☆ | 2005/11/01 10:52 PM

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」と同じストップモーション・アニメで撮られた、ティム・バートン最新作。ストップモーション・アニメって相当手間かかるらしいですが、独特の質感がCGを見慣れた目にはとても新鮮で、ちょっと物悲しいラストのコープス・ブライド
the borderland | 2005/11/01 11:16 PM

昨日「ティム・バートンのコープス・ブライド」を観てきました。これまたクリーンヒットです。とても面白か
憂鬱天国 - my blue heaven - | 2005/11/02 7:39 AM

19世紀のロシア民話を元にしたダーク・ラブ・ファンタジー。 ところで記事タイトルは冒頭のミュージカルパートからの引用だけれど、「微に入り細を穿ち」では?と野暮なツッコミをするジャポニカロゴスな私。
下弦の憂鬱 | 2005/11/12 5:50 PM

この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 
本と映画と音楽と・・・お酒が好き | 2005/11/20 12:21 AM




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

QRコード