A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< ヒストリー・オブ・バイオレンス | main | 林俊作 画爆TERRO >>

女たちは二度遊ぶ

女たちは二度遊ぶ
女たちは二度遊ぶ
吉田 修一

吉田 修一著『女たちは二度遊ぶ』読了。
男の視点で語られる11人の女の物語。
最近の吉田 修一作品の中では、一番好みの短編集でした。
収録作品の中で好きなのは『泣かない女』と『最初の妻』。
『泣かない女』は普通の人間の中にある、残酷さ狡さを巧みに、さりげなく表現していて、読後、徐々に恐ろしくなってきます。 
『最初の妻』は、主人公の男性が13才の頃の出来事を回想する、どことなくノスタルジックな話。知らぬ間に人を傷つけてしまった主人公の痛みが、心に痛切に響きます。国語の教科書に載ってもおかしくないような良く出来た作品だと思います。
そして他のどの作品も、相変わらず日常の他愛もない会話、シーンを描くのが吉田 修一氏はほんとうまいっ!

☆『女たちは二度遊ぶ』関連サイト↓
http://www.kadokawa.co.jp/sp/200603-08/

会話シーンの巧みさと言えば、ちょっと前に読んだ伊坂 幸太郎氏の『陽気なギャングが地球を回す』もなかなかおもしろかったです。
日本の小説版『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ 』の趣き!で爽快な読み応えが実にGood!!この『陽気なギャングが地球を回す』は映画化もされていまして、今年の5月13日から全国ロードショーが決定しています。映画館で予告を見ましたが、クセのある映像でなかなかに期待できそうな感じでした。原作をどのように脚本化しているのかちょっと楽しみです!
ちなみに主演は大沢たかお、鈴木京香、佐藤浩市、松田翔太、大倉孝二の面々であります。

☆映画『陽気なギャングが地球を回す』のサイト↓
http://www.yo-gang.com/

陽気なギャングが地球を回す
陽気なギャングが地球を回す
伊坂 幸太郎

☆『スナッチ』でおなじみガイ・リッチーの出世作。
クライム・ムービーの傑作です。脚本がとにかく秀逸!!↓
ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

 
書いた人 a | comments(2) | trackbacks(1) |




コメント

女たちは二度遊ぶ…

すんごく読みたい!!私みたいな人いるかな〜
ぺちょ | 2006/04/26 9:47 AM

☆ぺちょ
そういえば、ぺちょのような人もいたかもっ…!? 
読んでみてねえ。
A. | 2006/04/26 5:36 PM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/47185
トラックバック

佐藤浩市に関するblog:亡国のイージス キャッチ ア ウェーブ そういえば最近…。
AWKEL | 2006/04/26 6:39 AM




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

QRコード