A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< ステイディアム・アーケイディアム レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | main | Bahashishi バハシシ >>

地上を渡る声 小池 昌代


地上を渡る声
小池 昌代

小池昌代さんの最新詩集『地上を渡る声』を読了。
 
生まれ落ちた瞬間から人は死に向かっている。生きるということは、死を無自覚でありつつも心のなかに飼っているということ。(逆に死に飼い馴らされているとも言えなくもないが…)その当たり前でいて、普段、日常生活の中ではなかなか思い出せない、人間の決定的な事実を、小池さんの詩は思いださせてくれる。それも、恩着せがましかったり、威圧的なものいいであったり、諭すようにでもなく、ふと日常にこぼす一人ごとのようなかろやかさで。
決して説教臭くもなく、深く自分自身に言い聞かせるかのように。
日常のふとした瞬間に、生じる微細なズレを小池さんは見逃さず、ほのかに熱を帯びた言葉で詩にしたためる。
現実と自分との間にある、ほつれた隙間を優しく縫うように。
その言葉は言葉以上の意味を持って胸に迫ってくる。
小池昌代という人は、つくづくすごい詩人なのだと思う。


書いた人 a | comments(2) | trackbacks(0) |




コメント

私も小池昌代さんの文章大好きです。
きっと、まろやかな言葉には人柄が出ているのでしょうね。
しろ | 2006/07/02 3:14 PM

☆しろさん
コメントありがとうございます。
僕は、小池昌代さんの文章を読むと、この人の周りには、きっと、ゆっくりとした時間がいつも流れていてるんだろうなあ…と感じます。
A. | 2006/07/04 8:27 PM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/50908
トラックバック




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

QRコード