A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< シュヴァンクマイエル & バッドリー・ドローン・ボーイ | main | Michael Demeng >>

JAZZ FUNK EXPO '06


パン屋兄弟、ブルーノートFUNK襲撃っ!!
ってことで、昨日行って参りました、
JAZZ FUNK EXPO '06 Baker Brothers & Boston Horns、
夢の共演 in 大阪ブルーノート!
猫も杓子もFUNK三昧!
最高に心地の良い一時間半でありました。
しかし、あれだけのグルーヴを創りだす彼等のライヴ、テーブル席のないオールスタンディングのハコで、たてゆれ、よこゆれで見たかったのが正直なところ。
(東京での渋谷クワトロのライブは、かなり盛り上がったようでちょっとうらやましかったです。)
当日、予約もせずに行ったのですが、運良くカジュアルシートの席が空いていたのはラッキーでした。ブルーノートのライヴってもっと高いイメージだったんですが、ワンドリンク付(もちろんビールをぐびり!)で4300円はかなりのお得感がありました。まあ、店員のサービスの付かないカジュアルエリアだったってこともあるんですが…。(普通の席は6300円。)
一人で行ってノリノリJAZZ FUNKミュージックを前に、テーブル席で飯を食すってのもいかがなものかと…。
しかもステージとの距離も普通席とほんの少し離れているぐらいで、そんなに変わらず、十分ステージ見渡せました。しっとりとした、Jazz系以外なら安いカジュアルエリアで十分じゃん。と実感です。
ライヴはしょっぱながボストン・ホーンズ。松坂のボストンレッドソックス入りも時間の問題!ってことで、このボストンつながりは実にタイムリー。(そんなしょうもないこと考えてたのは、たぶん日本中で僕だけですが…。)トランペットとサックスの絶妙な掛け合いに絡んでくるギターカッティング&キーボードんでもって、そのうしろに正確無比なドラムのビートと低音ベースラインがうねってうねってうねりまくり!
あー、なんか聞いていて溶けそうになりました。やばいですよ、ほんと。特にキーボードの音色はたまらんもんがありました。言葉ではうまく表現できないんですが、音の洪水に飲み込まれそうなスゴさがありました。キャラ的にはベースのエリック・セイヤーがよかったです。ひとりだけ何故かドレッドヘアーのヒッピー調。いいです!なんかそのやさぐれ感。そのわりに表現はベースらしく実に地味。彼のソロ場面では、黙々と、体を微妙に折り曲げつつの職人気質な演奏を繰り広げていました。ヒッピーベース職人。個人的にハマりました。
ボストン・ホーンズライヴ終了後5分ほど間が開いて、ベイカーブラザーズの登場。
陽気だ…この兄弟!
弟リッチー(ドラム)のノリの良い掛け声に、兄ダンのおちゃめな動き。
演奏的にはボストン・ホーンズより隙がある感じがしましたが(それでも、めちゃめちゃ巧い訳ですが。)グルーヴ感と勢いが兎に角最高でした。アルバム『ベイカーズ・ダズン』に参加している、ソウル・ディーバ(というより、そのふくよかさはソウル・ママって感じ。)ヴァネッサ・フリーマンも出演していて、CDそのままの素晴らしい歌声で盛り上げる盛り上げる!
わたくし、ただただ感無量。アンコールではボストンホーンズ&ベイカーブラザーズが入り乱れての超セッション、特大ファンクグルーヴ祭り!
2台のドラムセットを使ってのピーター・マクリーンとリッチー・ベイカーのドラムセッションシーンはただただ圧巻の一言。ラストの「Take me higher!」の大合唱。格好良すぎです。
ほんと夢のような一時間半でありました。
二回公演の一回目だけしか見なかったのですが、二回目も見れば良かったなあ…。と思わせる最良のジャズファンクライヴでありました。

☆JAZZ FUNK EXPO '06 Baker Brothers & Boston Hornsのフライヤー↓



☆A.のBaker Brothers & Boston Horns関連記事↓
http://akirart.blog.bai.ne.jp/?eid=64357

イン・ウィズ・ジ・アウト・クラウド
イン・ウィズ・ジ・アウト・クラウド
ザ・ベイカー・ブラザーズ

ブリング・オン・ザ・ファンク
ブリング・オン・ザ・ファンク
書いた人 a | comments(0) | trackbacks(4) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/72600
トラックバック

アコースティックギターが注目されています。エレキギターと違い1人で演奏できる気軽さも人気の理由の1つです。アコースティックギターが奏でる柔らかい音色が聴く人の心を惹きつけます。アコースティックギターは電子楽器と違いモデルチェンジがありません。
アコースティックギター | 2006/11/20 5:14 AM

去年の来日時、迷って迷って行かなかった Baker brot...
Soul Navi(ソウルナビ) by Soul Museum | 2006/11/21 7:39 PM

とても良いブログですね、お気に入りにう登録させてもらいました♪良かったら自分のブログも見てください、音楽関連の動画が沢山見れるのでよろしくお願いします♪
音楽 ダウンロード | 2006/11/27 4:18 PM

インコグニートのデビュー作のこのリイシュー盤は、ヒットシングル「Parisienne Girl」「Summers Ended」を収録している。ジャン・ポール・モーニックが1979年に結成したインコグニートは、英国音楽界で当初はジャズ・ファンク(それゆえ本作にこのタイトルがついて
1-kakaku.com | 2007/01/13 6:12 AM




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

QRコード