A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< 新しい世界地図 | main | 20世紀少年 >>

夕凪の街 桜の国

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国
こうの 史代

こうの史代著『夕凪の街 桜の国』を読んだ。
泣いた。
悲しいとか、苦しいとか、悔しいとか、そんなこと以上の強い何かがあった。
言葉にするには難しい感情。
日本には”ヒロシマ”が在るのだと思った。
ずっと”ヒロシマ”は残って行くのだと思った。
この漫画には残酷な描写はほとんどない。
ただ広島が”ヒロシマ”となった日から、一つの家族の日常が、
大袈裟な表現なしに綴られてゆく。
そこには生きている人の姿があった。
”ヒロシマ”という十字架を背負わされた人の、目に見えない傷と優しさがあった。

今年もまた夏がやってくる。
書いた人 a | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/9471
トラックバック




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

QRコード