A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< 失踪日記 | main | 夕凪の街 桜の国 >>

新しい世界地図

新しい世界地図―世界ニホン語的珍地名
新しい世界地図―世界ニホン語的珍地名
新しい世界地図製作委員会

スベスベマンジュウガニ、ケブカガニ、バカガイ・・・世の中にはお馬鹿な名前の生き物がたくさん!とまではいわずとも意外といる。スベスベなまんじゅうって、いったいどんなまんじゅうなんだよっ!そんなの見たことねえっ!とツッコミの一つでも入れてやりたい気分ではあるが、今回のお題は『新しい世界地図ー新しい日本語的珍地名ー』である。
世界地図というからには、生き物じゃなくて地名である。
この『新しい世界地図』なる本には、世界中にある変な名前の地名(日本語で読めばの話。)が腐るほど、飽きるほど載っている。
各ページ、見開きごとに世界地図が載っていて、それぞれ、『エロマップ』『お笑いマップ』『病気&怪我マップ』『店&ブランドマップ『未来の世界のネコ型ロボットマップ』など64の表題に分かれていて、表題に関係した地名がクローズアップされ地図上に配されている。
例えばエロマップの地図だと、スケベニンゲン(オランダ)にチンコ川(中央アフリカ)、オナマン湖(カナダ)にエロマンガ島(バヌアツ)なんてのが載っている。
・・・馬鹿らしい・・・死ぬほどアホらしい・・・。
でも、俺、こんなしょうもない本大好き。
なんだか作った人が愛おしくさえなってくる。
そういや、俺も中坊の頃、友達同士で地理の授業中に変な地名の探しあいっことかしてたもんなあ。だから知ってたよエロマンガ島・・・。で、すぐ学年中に広まるのエロマンガ島が。で、しばらくは校内中エロマンガ島の一代ブーム。でも、中学生って何でもすぐ飽きるから、あっという間に忘れ去られちゃうんだよねえ、エロマンガ島・・・。
さよならエロマンガ島・・・また会う日までアデュー!

で、『新しい世界地図』で僕の中に眠っていたエロマンガ島の思い出が思い出されたってわけ。
ああ、なんておバカなセンチメンタルジャーニー・・・。 

個人的にツボにはまった地名は『病気&怪我マップ』にあった、ビランビランガン島(糜爛糜爛癌)インドネシアっす。
糜爛糜爛癌・・・・怖すぎるよ。こんなのぜってえなおらねえって・・・。
 
あとイラストを野中和美さんが担当。イイ味だしてます。
http://www.kt.rim.or.jp/~batty/


書いた人 a | comments(2) | trackbacks(0) |




コメント

私もこの本みて「糜爛糜爛癌」という言葉に興味がわいて検索したところ、このページにたどり着いたのですが...

てか、検索結果1個しかないやんけ!
そんな病名はたしてあるんでしょうか…?

いや〜ほんとに中学の時にこっそりエロ地名を探したり、辞書でエロい言葉の意味を意味もなく調べたことを彷彿とさせられる本…いや絵本ですね。

Aさんが書いてあるとおりイラストがさらに楽しさをもりあげていると思いました。


pettyorina | 2005/07/11 6:19 PM

pettyorinaさん
・・・僕も辞書でエロい言葉の意味を意味もなく調べたことあります。ああ・・・ほろ苦い過去・・・。
いったい全世界の何%の青年がこんなおバカなことやって、大人になっていくのでしょうか?ちょっと気になってきました。
普段ろくに辞書なんて使わなかったのに、エロい言葉調べる時だけ、なんであんなに真剣だったんだろう・・・。ちと、反省っす。
A | 2005/07/11 10:07 PM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/9037
トラックバック




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

QRコード