A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< 金沢へ | main | シュヴァンクマイエル展 >>

拘束のドローイング マシュー・バーニー

THE CREMASTER CYCLE
THE CREMASTER CYCLE
Matthew Barney, Nancy Spector

マシュー・バーニー『拘束のドローイング』展ついに見てまいりましたin金沢21世紀美術館!
まず、映画(というより映像作品。)『拘束のドローイング9』を見てから『拘束のドローイング』の美術館展示。んで、7月2日に金沢21世紀美術館内でおこなわれたマシュー・バーニー/アーティスト・トークのビデオ録画映像の順番で見ました。(展覧会未見の方はこの順番で見ることをオススメします。この順番で見るとマシュー・バーニーの頭ン中が少し?わかった気になれます。・・・まあ、理解した気になるだけですが。)
では、わたくしの感想いってみましょう。
まず映画、これは・・・『和モノコスプレ、マシューくん、ビョークちゃんのトンデモ捕鯨船社会見学!!ついでにお茶会やって、勢いあまって変身しちゃいました。私達スッゴク仲良しでしょ。テヘッ。(チラリ!?もあるよ。)』ってな内容(個人的主観です。)
・・・芸能人水泳大会タイトルらしく書いてみたものの・・・わけわかりませんね。
とにかく、この映画はマシュー・バーニーの強烈な変身願望に対するオブセッション(強迫観念)を日本の捕鯨文化と融合、神話化させ、それを具現化したものです。って、これまたわけわかんねえな・・・
ようするに、マシュー・バーニーは変身や変容に妙に固執するスーパーコスプレイヤー人(スーパーサイヤ人みたいに言ってみた。)で、そんな男が変身に対する興味と、ありったけの愛を込めて造り上げた変身一大叙事詩なわけです。 
まあ、コスプレ大好き親父の映画ってこと!
しかし、バーニーがそこいらの女装コスプレ親父と一線を画しているのは、アートセンスの抜群の良さとビョークが嫁はんってことです。場面場面の構図、色彩構成の一つ一つが実に練られている映像はさすが芸術家。オープニングのお祭り調、阿波踊り行進場面の色彩の豊かなこと!2時間半に及ぶ、これといって抑揚のない平坦な物語を支えているのは類い稀なアートセンスと、そしてビョークのコンポーザーとしての才能を遺憾なく発揮した、インストルメンタル音楽の数々でしょう。個人的にはそんなに好きじゃないんですが、やっぱビョークはスゴイですよ。映像と音楽でなんとも不可思議なバーニー神話を造り上げていました。
2時間半セリフほとんどなしの映画を見て寝なかったのは、わたくしこれが初めてかもしれません。まあそれでも、僕個人の意見としては明らかにマシュー・バーニーの想像力と物語性に映画が追いついていない感じは否めませんでしたが・・・。
きっとバーニーの頭の中にある映像はもっとスゴイものなんじやないかと美術館展示作品を見て思いましたね。
僕の場合、映画『拘束のドローイング9』よりも、過去の拘束のドローイングシリーズも展示されていた美術館展示のほうが数倍興味をもちました。(館内で貸し出されている音声ガイドは借りてソンはなし!展示されている作品のことが理解しやすくなり、かなりオススメ!)
なにより、シリコンや強化プラスチックを使った作品の完成度の高さが素晴らしい!
特に『拘束のドローイング8』シリーズ!
透明で少し緑がかったアクリルケースに収められた、ドローイング作品のカッコええこと!少し流線形を帯びた優美なアクリルケースのカタチの美しいこと!バーニーはんは、このアクリルケース何処に発注したんだろうか?造りがほん・・・っとに綺麗。とてつもなくいい仕事です。
これ、僕が金持ちだったら間違いなく購入してましたね。
あと初期拘束のドローイングシリーズに使用した器具を硝子(アクリル?)ケース(ふちはプラスチックカバー)に収めたオブジェ的作品もマルセル・デュシャンのレディ・メイド作品とどこか似通ったとものを感じ、かなりそそられました。これらのケースも完成度が高く、造りが実に丁寧。マシュー・バーニーはマテリアル選びが実に卓越したアーティストですねえ。そして作品それぞれに妥協点がないあたり、かなりの完璧主義者だと思われます。
ちなみに拘束のドローイングシリーズってのは、筋肉に負荷をかけて鍛練をすると、一時的に筋肉は痩せ衰えるけれど、その後、筋繊維が増え肥大する。ようするに、筋肉は負荷をかけるほどに(拘束を与えるほどに)大きくなるんだけど、これをドローイングに置き換えて、様々な拘束(負荷)を受けつつ、絵を描いたら頭も筋肉みたいになんか変化するんかねえ〜?ってのをコンセプトとし、バーニーのイタイ?(失礼。)科学&哲学的信念のもと、おお真面目に実践している映像(トランポリンにのって飛び跳ねて天井に絵を描いたり、フットボールのトレーニング用の器具を用いて自分に負荷を与えつつ絵を描いたり・・・。)が作品となっています。
で、そこに彼の元来のコスプレ(変身)願望をミックスしちゃったのが、ギリシア神話に登場する半獣半人のサテュロスに変身し、狭苦しいリムジンの中で角により何かを描こうとしている『拘束のドローイング7』。で、さらに勢い増して、鯨の変容(鯨→鯨油)と人間の変容(人間→鯨)を映像というカンバスに描き付けたのが今回の『拘束のドローイング9』なわけです。
う〜ん!突き抜けちゃってますねえ!バーニー先生! 
僕はこういうへんてこ(たぶん、本人は大真面目。)なひとが大好きです。
かっこよすぎ! 

最後にマシュー・バーニーのアーティスト・トークのビデオ録画映像を見て思ったんですが、かなり日本文化及び捕鯨についてリサーチしたようです。(まあ、捕鯨船の中に茶室がある時点でおかしいんですけど・・・バーニー流ファンタジーですからっ!ってことで・・・。)
日本の捕鯨問題に関しても、西洋的な見方ではなく、もう少しおおきな視点で見られてるようで、『拘束のドローイング9』も捕鯨問題に言及する作品では全くなく、(『STUDIO VOICE』8月号には、どちらかと言うと日本人よりの意見がインタビュー記事として載っていました。)ただ彼の思い描く変容に関する物語神話を造り上げていったといった感じでした。
アーティスト・トークでは伊勢神宮の式年遷宮(20年ごとに神殿を建て替え、御神体を移す儀式。)についての言及もあり、ラストにおこるフレンジングデッキの崩壊と再生の場面との関係を示唆されていました。『拘束のドローイング9』に登場する奇妙な料理も太一(和歌山県)の鯨料理からインスパイアを受けたらしく、そういった日本の地方独特のものとの関係性も興味深く。知れば知るほど、マシュー・バーニーの緻密な妄想神話世界に引きずりこまれてゾクゾクしました。
僕は個人的に物語を想起させるものや、そういった作品が凄く好きです。
アーティスト・トーク最後に女性の方が「この映画に対する内面的な思いは?どんなものでしょう?」という質問を投げかけ、マシュー・バーニーは最後に「希望がテーマであり、希望を見い出してほしい。」と言ったようなことをおっしゃってました。
変身と変容に希望を見い出す男、マシュー・バーニー。
僕は”輪廻転生、人もカタチをかえ生まれ変わる、もしくは、無機物となり土に帰り、土というカタチに変容する、その土の上に木が育ち、また世界は回る・・・”といった連想をなんとなくしました。
僕の中のベストコスプレイヤー、マシュー・バーニー!
自らの作品に希望を託すなんて、あんたは、なかなかあなどれん芸術家でありますよ!
(でも、正座は・・・ほんとヘタ・・・。)


 
↑『拘束のドローイング8』シリーズ。

↑『拘束のドローイング』展図録予約購入で貰っちゃった『拘束のドローイング9』のエンブレムシール。 

☆マシュー・バーニーの過去記事はコチラ↓
http://akirart.blog.bai.ne.jp/?eid=8767
書いた人 a | comments(13) | trackbacks(8) |




コメント

すごく楽しまれたようですね!
アーティスト・トークの録画は見てないので、また時間見つけて出かけようかなと思いました。

ギャラリーショップにも置いてあった美容雑誌『+ING』には、『拘束のドローイング9』のヘアメイクの方のインタビュー記事があって、すごく面白かったです。たんたんとしてひざまずくマシューの頭を四角に剃るときの話とか、分割式でつくった高島田の話とか。生オーストリッチ皮肌襦袢の話題もあって。
雑誌の特集いっぱいあり過ぎて全部読めないけど、製作にまつわるいろんな話は面白いですね。

捕鯨問題に関するマシューのまなざしはほんと、相対主義的ですよね。最初は門前払いだった環境庁にプロットを送り続け、最後には日新丸まるまる使わせてもらえたっていう話を読んで、へ〜と思いました。環境庁にとっては、西洋側に発信するよい機会になったんじゃないかな。
neco | 2005/08/08 7:56 PM

necoさん
●金沢まで行った甲斐がありました!
金沢21世紀美術館を訪れるのは今回で2回目ですが、大きな硝子窓をとおして館内に光の射し込む様子がほんと心地よい美術館ですね!

●『+ING』のバーニー特集も面白そうですね!
今度、本屋さんで探してみようと思います。  

●”最初は門前払いだった環境庁にプロットを送り続け、最後には日新丸まるまる使わせてもらえたっていう話”←すごい話ですね!やると決めたら必ずやり遂げるっ!ってなバーニーのアーティスト魂を感じさせる逸話ですね〜。
A | 2005/08/09 11:39 PM

トラックバックして頂いて有り難うございます。
拘束のドローイング観に行かれたのですね。羨ましいです。
私も飛行機か新幹線乗ってでも、この際行くべきかもです。
この展示の図版を色々みましたが、マシュ−・バーニー、格好良過ぎですよね。
okotas | 2005/08/11 5:40 PM

okotasさん
コメントありがとうございます。
拘束のドローイング展、行くべきですよっ!
映画『拘束のドローイング9』もこの展覧会以外、上映の機会はないみたいですし・・・。
確かにマシュ−・バーニー格好イイですね!
ちょっと頭の頭頂部が薄くなりかけてたのが気になりましたが・・・。でも外人のハゲは何故かカッコいいっす!
A | 2005/08/12 9:39 PM

コメント、TBありがとうございます。
私はマシュー・バーニーに関してはビョークのだんなさん、くらいしか知識がなかったのです。でも展示会、映画とてもよかったです。

「きっとバーニーの頭の中にある映像はもっとスゴイものなんじやないかと美術館展示作品を見て思いましたね。」

Aさんのこのコメントにはとても共感できます。映画のプロフェッショナルではないからこそマシュー・バーニーの良さが表れたとも思いますが、もしプロフェッショナルであったらもっと違う作品になっていたのでは、とも思いました。

また遊びに来ます。

るき | 2005/08/17 7:32 AM

コメント&TBどうもありがとうございます。
私にとっては、初めてのマシュー・バーニー。
まず、モデルをやっていたというだけあって、かなり男前なことに驚き、そして、フットボールの特待生だったというだけあって、彼の身体能力の高さに脱帽しました。
そして何よりも、彼の作品世界に目からウロコでした。ここまで徹底的に突き詰めてると、本当にすごいですね。



さおりぃ | 2005/08/18 12:29 AM

アーティストトークを逃してしまい、こちらで
その片鱗を知ることが出来ました。
希望!
そっか。。
多分、メッセージは受け取れていたと思いたいです。
トラバさせていただきました。
pkkumyy | 2005/08/19 10:22 AM

TB感謝。あっ、マシューって、「希望」って言ってんだ。「拘束のドローイング9」は、神話的なファンタジーで、確かに「転生」を想わせる。「クレマスター」シリーズとは、ちょっと違う世界でした。
國貞陽一 | 2005/08/19 7:25 PM

はじめまして。私もマシュー・バーニー見てきたのでトラックバックさせていただきます。
この映画&展覧会については書きたいことが多すぎて自分のブログには書ききれなかったんですが、

『拘束のドローイング8』シリーズ
>これ、僕が金持ちだったら間違いなく購入してましたね。
私もまったく同じこと思いました(笑)!
ほんっと綺麗でしたよね‥‥
glasshouse | 2005/08/25 11:50 AM

☆るきさん
『映画のプロフェッショナルではないからこそマシュー・バーニーの良さが表れたとも思いますが、もしプロフェッショナルであったらもっと違う作品になっていたのでは、とも思いました。』←僕もそう思いました。別の有名監督バージョンでの『拘束のドローイング9』なんてのも見てみたいなあと思いました。 


☆さおりぃさん
バーニーの突き詰め方は尋常じゃあないですよね!
あれだけの世界観を作りあげる意志の強さに脱帽です! 


☆pkkumyyさん
TB&コメントありがとうございます!
希望!です!
 

☆國貞陽一さん
『拘束のドローイング9』に関しては希望と言ってました。 
確かに『クレマスター』シリーズとは、ちがう雰囲気でしたね。『クレマスター』シリーズには希望のキの字もない感じでしたが・・・。マシュー自身、ビョークとの出会いで明らかに何かが変わった(変容?)んでしょうねえ〜。 


☆glasshouseさん
TB&コメントありがとうございます!
『拘束のドローイング8』シリーズ
綺麗でしたよね!
いつかあんな作品が飾れる家に住みてえ〜! 
これからもよろしくおねがいします。
A | 2005/08/25 5:41 PM

はじめまして!マシューバーニーで検索してみたらここにたどりつきました。で、すごく的確なレビューだなーと感激して、トラックバックさせてもらおうと思ったら、ななななんかこっちの方に私の記事が大量にトラックバックされてました(汗) ごめんなさいTBの仕方あんまりわからずにやったものですから…m(_ _)m これ消せますかねぇ??ほんとすいませんww
ゆうこ | 2005/09/05 5:29 PM

ゆうこさん
TBどうもです!
大量トラックバックっっ!!
あまりの数に思わず笑ってしまいましたよ!
しかし、御安心を。
一つ残してあとは消しときました。
こちらからもTBさせていただきますね〜。
これからも御贔屓に〜!!
 
A | 2005/09/05 5:48 PM

You have a very talented and skilled writting. I had a great time reading your comments. Good Mistery Do or not: http://www.sciencedaily.com/ , when Corner Fetch Plane Destroy <a href="http://newslink.org/">right Mistery will Steal Slot without any questions</a> , Collective Cosmos is always Superb Cosmos <a href="http://www.nydailynews.com/" rel="itsok">Pair can Double Circle</a>
Justin Drake | 2005/12/07 10:48 AM


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/13147
トラックバック

暑いですねー!今金沢におります。 しばらくご無沙汰してたんで、全く知らなかったんですが、 兼六園の近くに「金沢21世紀美術館」という美術館が 出来てるんですね。近未来的なデザインで、SF映画に出てきそうな シンプルなデザインセンスの建物。 た
It's a Wonderful Life | 2005/08/09 3:00 PM

行って来ました、久々に。 金沢21世紀美術館。 今回のお目当ては、マシュー・バーニー展です。 1) 「マシュー・バーニー 拘束のドローイング展」へ行く。 どうやら、展示を見る前に、映像を観ておいた方がより楽しめるらしい、 との情報をゲットしたので、まず
さおりぃの満腹記 | 2005/08/18 12:34 AM

15〜16日、金沢21世紀美術館で開催中のマシュー・バーニー『拘束のドローイング』展と映画『拘束のドローイング9』を観に、妻と金沢まで行ってきました。25日までの開催なので、この日程しか空いておらず、「旅費を全額負担するから」と妻に同行を求め行ってきたのです
EXIT2005 | 2005/08/18 3:21 AM

変わりゆく街をささえる金沢21世紀美術館へ行きました。 マシューバーニー楽しみ!/金沢21世紀美術館へ出かける前のつぶやき ビョークを母にした男! どんな奴だ?。。という部分もありますが
LOHAS! やっぱり私はリトマス紙 | 2005/08/19 10:19 AM

 先週末は大阪にて打ち合わせの嵐だったのですが即東京に戻るつもりが 金沢まで足を伸ばしてしまいました笑。 今回金沢への目的は金沢21世紀美術館で行われていますマシュー・バーニー「拘束のドローイング」展を拝見しに行ってきました。 マシュー・バーニーはビヨ
恵比寿プロデューサー日記 | 2005/08/25 3:12 AM

前回のエントリで書いたように、金沢21世紀美術館に行ってきました。 豪雨の中、
fakeplastic | 2005/08/25 11:46 AM

今日はマシューバーニーについて書いてみたいと思います。 このひと、世界の歌姫ビョークのダンナです。現代アートの人です。大学でフットボールすごくて、体育やら医学やらをを専攻して、モデルとかもしてたらしいイケメンです。そして 筋肉バカです。 自分の筋
CRAZY FRUITS | 2005/09/05 5:15 PM

【映画的カリスマ指数】測定困難なため放棄  芸術は爆発だ・・・・・・?
カリスマ映画論 | 2006/02/18 1:50 AM




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

QRコード