A



最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

最近のトラックバック

<< オールド・ボーイ | main | G.LOVE,LIVE >>

マルセル・デュシャンと20世紀美術展

デュシャンは語る
デュシャンは語る
マルセル デュシャン, ピエール カバンヌ, Marcel Duchamp, Pierre Cabanne, 岩佐 鉄男, 小林 康夫

マルセル・デュシャンと20世紀美術』展。新しく移転開館した国立美術館開館で見て来た。デュシャンのレディ・メイド作品(ただの便器、帽子掛け、櫛)を真剣に美術作品として見入る人達を遠巻きに眺めて、なんともこっけいな光景だなあと思いつつ、同じようにデュシャンの作品に見入る僕も、はたから見ればこっけいであり、デュシャンという芸術家の掌の上でまんまと転がされている気分。大勢の人が「ただの便器やん・・・。」と言ってしまえばそれまでなのに、その一言を言わせず、崇高な芸術作品にまで便器を高めたデュシャンのカリスマ性はある意味宗教チック。死んでなお影響与え過ぎデュシャンである。そんな人を小馬鹿にしたような作品を創造したデュシャンの人間性に僕は無性に惹かれる。しかし、新しい国立美術館。僕は地下に広がる展示空間がいまいち好きになれなかった。地下なので閉息感を強く感じたせいかもしれない。小林健二展を見に行った福井市美術館みたいな建築物のほうが僕は好きだ。螺旋状に上へ上へと展示通路を登ってゆくのがとてもよかった。まるで野又穣氏の描いた塔の内部を登っているような感覚は忘れ難い。地下に沈んでゆくよりも、上へ上へと空に近づく美術館が増えればいいのになあと思った。 

☆マルセル・デュシャンに関する過去記事はコチラ↓
http://akirart.blog.bai.ne.jp/?eid=14041
書いた人 a | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://akirart.blog.bai.ne.jp/trackback/14035
トラックバック




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

QRコード